名古屋市職労は市民のみなさんと手をつなぎ、憲法がくらしに生きる、あんきにくらせる名古屋をつくる運動を広げます。

最新ニュース

自治体職員として地方自治 学び・深め 〜自治体学校in福岡〜 (つどい)

 7月21日〜23日まで福岡で第60回自治体学校が開催され、名古屋市職労から参加しました。

自治体キャラバン名古屋市懇談 (申入れ・交渉)

5月25日、自治体キャラバン名古屋市懇談が行われました。

働く仲間でつながり合って (つどい)

Welcome本庁職場 (つどい)

現業評議会 春闘学習会 (つどい)

3月12日、労働会館東館ホールにて現業評議会による春闘学習会(拡大評議員会)が開催され、環境事業所、動物愛護センター、生活衛生センター、八事霊園、土木事務所、学校、保育園などの職場から71人が参加しました。

通達員部会定期総会 (支部活動)

市職労でフットサルミックス大会初開催 (つどい)

 3月3日、「市職労フットサルミックス大会(試行)」を北区の「デラサル楠」で開催。17支部から選手、応援など合わせて155人が参加しました。

【17.12.06】日本国憲法を読んでみよう (平和)

ポイ捨てごみの収集 10トンに達し 表彰 (支部活動)

南環境事業所では、2008年から、ごみ収集作業中にポイ捨てごみの収集を行い、今年8月で10トンを達成しました。

交通指導員部会で腹話術講習会 (支部活動)

9月28日、交通指導員部会は腹話術講習会を開催し、32人が参加しました。日頃の実践で培ったノウハウを交流し合い、地公法・自治法改正による非常勤職員の制度変更についてミニ学習も行いました。

労働環境の改善目指して、団結してガンバロウ (会議)

8月23日、天白スポーツセンターにて天白地区協の総会が行われました。

「絶対勝つ!」気合いでつかんだ優勝・全国へ (支部活動)

8月20日、豊橋市で第39回自治労連愛知バレーボール大会が開催され、名古屋市職労は優勝、全国大会への切符を手にしました。

特集

若者が見た成績主義賃金の真実 (主張)

市側はこの秋の賃金確定闘争の中で「職員の『やりがい』を高める」ためとして昇給制度の見直しで成績主義の強化を狙っています。果たして成績主義の強化は職員のやりがいを高めるものなのか、青年部員と本部の賃金調査部長が語り合いました。

30年前も今も… たたかわないと命も仕事も守れない! (主張)

 「たたかわないと、命も仕事も守れない。そのことは今も30年前も変わらない」と訴える市民経済局支部で役員をするAさん。今回はAさんに労働組合への思いを語っていただきました。

人事委員会に要請書を積み上げよう (レポート)

正規が当たり前の社会に (主張)

名古屋市にはいま約4600人の非正規労働者が働いています。増え続ける非正規労働者。学校職場の任期付き用務員を取材しました。

母子自立支援施設 五条荘 指定管理者になって (主張)

平成22年度4月から五条荘に指定管理者制度が導入されました。 五条荘のいまを取材しました。

▲ このページの先頭にもどる